インハウスwebデザイナー、1年目の仕事内容

9月を迎えて、インハウスwebデザイナーとして1年経ちました。
そこで私の1年目の仕事内容を紹介しようと思います。

 

 

Web編

まずWeb系のお仕事を紹介していきたいと思います。
 

①サイト更新
一番頼まれることが多かった内容です。
自社サイトのバナーやイラストの作成・更新、新規1ページのデザイン・コーディングなどを行ったりしていました。
既存サイトの更新なので、サイトの雰囲気を壊さないようにデザインを作るよう心がけていました。
 

②システム画面のデザイン作成
すでにあるシステムの画面のデザインを見やすくしたり、レスポンシブに設計し直したりといったことをしました。
UIUXデザインに近い印象でした。どうすれば見やすく使いやすくなるかについてひたすら考えながら制作していました。
最近はこういった関係の仕事を頼まれることが増えてきたので、UIUXについてしっかり勉強していかねばと思っています!
 

③リニューアルサイト作成・新規LP作成
自社グループサイトのリニューアル案件がいくつかあったので、そのデザイン・イラスト制作・コーディングを行いました。
最初から最後まで全部作るものと、一部分のメインビジュアルを作るといったものがありました。
イチから作ることは悩んだり難しいと感じることが多く、修正もたくさん入りました。
日頃のインプットの重要性をすごく感じて、デザイントレースなどの勉強をしっかり行っていこうと改めて感じさせられました。

 

グラフィック(紙)編

次にグラフィック(紙)系のお仕事を紹介していきます。
 

①採用関係のツール制作
採用パンフレットや内定者へのお知らせの紙をデザインしたりしていました。
人事の方とお話ししながら、自分で紙を見にいって選んだり印刷したのでとても印象に残っています。
これがやりたいと思ったことを自由にやらせてもらえたので、失敗した面もありましたがすごくいい経験になりました。
 

②展示会壁面デザイン・パネルチラシ作成・パワーポイント作成
たくさんの企業が集まる展示会の壁面デザイン、パネルチラシなどのデザインを作成しました。
自分の身長よりも何倍もある壁面をデザインするということ、たくさんの人が関わっている企画に混ざるということ、初めてだらけの仕事内容でした。
たくさんの方の思いを汲み取りながら、デザインに反映していく難しさを感じました。
完成したものをすごく喜んでくださった時は本当にうれしくて、これからももっと頑張ろうと思いました。
 

③自社リニューアルロゴ作成
ロゴは完成して、今も使われているのですが私は本当に作りきれたのだろうか……?と今でも不安になることがあります。
作り手としてこんなことを感じているのは絶対ダメだとは思うのですが、不安になってしまうということはやっぱり勉強不足だったと感じているからだと思います。
この経験からもっと一つ一つを丁寧に作り上げていこうと思うようになりました。

 

その他

最後に、web・グラフィック以外のその他のお仕事を紹介します。

①プレゼン資料のデザイン制作
内部で使うプレゼン資料のデザインを制作していました。
これは入社して最初らへんに頼まれたことで、文章やページ数はすでに決まっていて、それを綺麗にしてほしいといった内容でした。

パワポのデザインには特別な思い入れもあって、精一杯作りました。
それが伝わったのか、そのプレゼン資料を使用した会議ではたくさん褒められたと聞きました。

 

以上が私のインハウスwebデザイナー1年目の仕事内容になります。
こう振り返ると本当に内容が幅広いなと感じます。
大学時代もいろんなビジュアル媒体を勉強していて、自分は中途半端な人間で本当に役に立てる存在になれるのか不安でした。
ですが、今はそれがしっかり活かせる場に巡り合えて本当に幸運でありがたいなと日々痛感しています。
幅広くいろんなもののデザインに関わりたい方にはインハウスデザイナーはすごく合っているのではと思います。
また残業も今のところほとんどないので、帰ってから個人的にデザインの勉強をする時間を作ることができるのが本当に良いなと感じています。
学ぶことは山のようにありますが、一つ一つ丁寧に、たくさん情報をインプットして、あらゆる面でデザインの力を伝えていける存在になれるよう頑張りたいと思います!